日本ブラジル中央協会|魅力に溢れたブラジルへの道しるべ|ブラジルの経済・イベント情報~ポルトガル語講座開講中です!
関連情報
  • HOME »
  • 関連情報 »
  • ブラジル駐在経験者などのリレーエッセイ

ブラジル駐在経験者などのリレーエッセイ

連載5:変化に強くなる―即興力強化の勧め 執筆者:桜井悌司

寄稿者:桜井悌司氏
今は激動する時代と言っても決して言い過ぎではないだろう。安定的な世界ではなく、何が起こっても不思議ではない世界である

連載4:イタリアを知ればブラジルもわかる 執筆者:桜井悌司

寄稿者:桜井悌司氏
サンパウロの名物建築を見てもイタリア系の建築家の設計によるものが多く、ブラジルのショッピングセンターに行くと、店舗のデザインや色使いは極めてイタリア的である。ファッション、ライフスタイル、あげくは、人々の明るさ、楽観主義、モノの考え方までイタリア人によく似ている。

連載3:ブラジルとブラジル人を日本人に理解させるには 執筆者:桜井悌司

寄稿者:桜井悌司氏
2003年11月から2006年3月まで、ジェトロ・サンパウロ・センター所長としてブラジルに駐在した。本稿は、コミュニケーションにまつわる小さなストーリーである。

【番外編】オリンピックのブラジルを見に行こう 執筆者:山下 日彬

寄稿者:山下 日彬氏
南米で初めてのオリンピック、この機会に、将来の有望国ブラジルを見知っておこうという人におすすめだ。 ブラジルに初めて訪れる人が知っておくべきこともお伝えしたい。

連載2:ブラジル水滴論 執筆者:桜井悌司

寄稿者:桜井悌司氏
ブラジルとは何か、ブラジルを一言で表現するとどのようになるのかということを考えてきた。結論を先に言えば、ブラジルは、「水滴」のようなものであるという「ブラジル水滴論」である。

連載1:ブラジルを理解するのは何故難しいのか?-距離感と面積 執筆者:桜井悌司

寄稿者:桜井悌司氏
ブラジルは、世界一の日本人移住者受入国であり、150万人の日系人が住んでいる。日本にも19万人にも及ぶ出稼ぎの人々がいる。これだけの条件がそろっていれば、ブラジルの知名度、理解度がもっと上がってもしかるべきだと考えるが現実にはそうなっていない。何故なのであろうか?

ブラジル・コスト

                 投稿者:小林利郎 当会相談役 最近ブラジル経済の不振が話題になっている。中国を中心とする世界の資源需要が減退してきたのが一つの要因である。それはブラジルが依然として一次産品輸出に依存して …

ブラジルのインフレ

投稿者:小林利郎 当会相談役  通貨がレアルになってほぼ安定してから忘れ去られているが、ブラジルは基本的にはインフレの国で物価が安定している時期は例外である。一般庶民は江戸っ子のように「宵越しの金は持たない」とばかりに手 …

ブラジルの幸福度

投稿者:小林利郎(協会相談役) 投稿日:2015年4月

在日ブラジル人三世 城間クリスチーナさゆり氏の「ブラジル研修日誌」

城間クリスチーナさゆりさんは、在日ブラジル人三世で、ブラジル国籍を持つ。しかし、日本で育ち、日本の学校に行ったため、ポルトガル語があまりできなかった。そこで、ポルトガル語の研修のために、「ブラジル日本交流協会」(通称ブラ …

温存される資産格差

投稿者:小林利郎(協会相談役) 投稿日:2014年12月

「夜警国家」とポプリスト政権

投稿者:小林利郎(協会相談役) 投稿日:2014年12月

« 1 4 5 6
会員専用ページへ

会報のご紹介

ブラジル音楽

ブラジル経済情報

随時更新 [各社から発表されるブラジル経済、金融に関してのレポートをご覧いただけます。]
マーケットリポート
為替・経済指数

バナー広告

ブラジル旅行社
エヌ・スリー・プラス株式会社
"ビバビータメディカルライフ
"brasia

関連リンク

外務省
ブラジル領事館
在日ブラジル大使館
ブラジル商業会議所
ブラジル日本文化福祉協会
ラテンアメリカ協会
ニッケイ新聞
サンパウロ新聞
IPCワールド社
  • facebook
PAGETOP
Copyright © 日本ブラジル中央協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.