日 時:6月29日(金)10:00~18:30
場 所:JICA市ヶ谷 国際会議場
東京都新宿区市谷本村町10-5
TEL:03-3269-2911
(アクセス)
JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」6番出口 徒歩8分

 

  1. テ-マ:日本と中南米の架け橋を目指して
  2. 主催:外務省中南米局及びJICA共催
  3. 会議次第(日-スペイン語,日-ポルトガル語の逐語通訳付き)
    【午前】(10:00~12:15)

    主催者挨拶(外務省幹部)  10:05~10:15
    有識者講演         10:15~11:15
    外務省プログラム参加者OB,JICA日系社会ボランティアOBなど数名によるスピーチを予定。
    各分科会プレゼン      11:15~12:15
    外務省プログラムを通じて中南米地域から参加する15名が,5グループに分かれて,それぞれ分科会のテーマについての考えを披露。

     

     

    【午後】(13:15~17:00)
    グループ討議        13:15~15:15
    グループ討議報告      15:25~16:15
    有識者メンター助言     16:15~17:05
    主催者挨拶(JICA)   17:05~17:10

     

    【夕刻】
    外務省主催懇談会(食堂)   17:20~18:30

  4. 分科会テ-マ:
    (1)グループ A(使用言語はポルトガル語。日-ポルトガル語の通訳付)
    テーマ:地域社会の発展に向けた貢献
    ~日系社会が出来ることは何か。日本文化の発信やスポーツ交流の役割。非日系社会との連携のあり方~(2)グループ B(使用言語は英語)
    テーマ:日系社会の更なる活性化に向けた取組
    ~国境を越えた連携や世代間の連携を深める具体的な方途は何か~(3)グループ C(使用言語は英語)
    テーマ:日系社会を通じたビジネス連携
    ~WIN WINの関係を如何に構築するか~

    (4)グループ D(使用言語は日本語)
    テーマ:日本の日系社会との連携
    ~多文化共生の実現に向けて求められるものは何か~

    (5)グループ E(使用言語はスペイン語。日-スペイン語の通訳付)
    テーマ:小規模日系社会の発展のありかた
    ~消滅の危機に直面する日系社会の反転攻勢は可能か~

  5. 参加申し込み及び照会先:外務省南米課参加は無料ですので,是非,ご参加下さい。
    特に日系社会に関心のある若い方の参加を歓迎します。参加をご希望の方は,6月15日(金)までに以下のEMAIL又は電話までご連絡下さい。
    参加申し込みに際しては,①氏名,②所属,③連絡先(メ-ルアドレス又は電話番号)及び④参加を希望する分科会(参加を希望する場合)をお知らせ下さい。

    分科会に参加せず,傍聴のみの参加も可能です。

    EMAIL:nikkei-nextleaders-forum@mofa.go.jp

    TEL:03-5501-8286(外務省 南米課 三上,高橋又は荻野)