演 題:「ブラジル テメル政権によるメルコスル再構築の動きと日本」

英国のEU離脱決定や米国トランプ政権の「アメリカ・ファースト」の外交政策(TPP脱退、NAFTA再交渉、中国との“貿易軋轢”等々)によって世界通商環境は一時停滞、乃至漂流しつつあるのが現況ですが、米国抜きのTPP 11協定は、3月8日 チリのサンチャゴにて署名されており、自由貿易を求める世界の潮流は、中長期的な視点に立てば変わっていないと言えるのでしょう。

南米における関税同盟として、1991年のアスンシオン条約締結を経て、1995年にスタートしたメルコスル(南米南部共同市場)も1990年代末には、実質的に“機能不全”に陥ってしまいましたが、2016年に入りアルゼンチンにおけるマクリ政権が誕生し、更に、同年5月のブラジルにおけるテメル(暫定)政権が発足してから、メルコスルの刷新・再活性化が進んでいます。

域内貿易の伸長のみならず、太平洋同盟との統合を視野に入れた関係強化、インドや韓国との自由貿易協定交渉開始が既に可視化してきており、3月に入ってメルコスルとカナダの自由貿易交渉が開始されています。

日本については、経団連とブラジルCNI(全国工業連盟)によって構成される日伯経済合同委員会において日伯経済連携協定(EPA)構想が議論され、EPA実現に向けたロードマップが今年7月に開催予定の委員会会合にてアップデートされる見込みです。

こうした状況下、今回、ブラジル政治・外交研究を専門とする子安昭子上智大学教授にマクロ視点からのブラジル テメル政権とメルコスル、日本との関連等、最新事情について講演頂くことになりました。

 

日 時 2018年5月30日(水)14:00-15:30
会 場 新橋ビジネスフォーラム会議室

住 所:港区新橋1-18-21 第一日比谷ビル8階
(西新橋交差点の紳士服店 ビッッグヴィジョンが出店しているビルの8階)
http://biz-forum.jp/access.html

参加費  個人会員1,000円, 法人会員 2,000円, 非会員 3,000円
※会費は当日会場にて申し受けます。領収書もご用意します。
申込み 下記お申込みフォームにてお申込み下さい。
問合せ 日本ブラジル中央協会 事務局   (E-mail : info@nipo-brasil.org)

 

お申し込み

下記フォームよりお申し込み下さい。
お申し込み後、自動返信メールが届きますので、ご確認ください。
返信メールが届かない場合、メールアドレスの間違い、迷惑メールフォルダに振り分けられている等の原因が考えられます。
数日たっても返信がない場合、再度お申し込み頂くか、協会事務局までご連絡ください。

会員区分 (必須)
個人会員 ¥1,000法人会員 ¥2,000非会員 ¥3,000

 

所属先(勤務先,部署名など)

電話番号

お申し込みに関するご質問があればご記入ください