2012年3月1日に日本ブラジル間で社会保証協定が締結され発効しました。
この協定によりブラジルで勤務し、ブラジル社会保険庁(INSS)に保険料を
納めていた日本人にもブラジルの年金の受領資格が出来、年金を受け取る道が開かれました。

CPF (個人納税者番号)をお忘れの方

 

年金受取の条件

  1. 申請時に65歳に達している事。
  2. 日本の厚生年金と合わせ15年以上年金保険料を払っている事。
    (日本の厚生年金は当然現役の間は支払っている訳ですからすべての方がこの条件を満たすはずです。)
  3. 日本年金機構経由ブラジル社会保険庁の承認を受ける事。

承認取得の為の具体的手続き

日本年金機構のホームページより申請フォーム(BR/JP-01)をアウトプットしこれに記入、必要書類とともに最寄りの年金機構事務所に提出。
書類が受理されれば3〜4ヶ月後から日本の受取口座に送金が開始されます。
申請が遅れても承認されれば支払いは資格取得時に遡り行われます。

 

BR/JP-01フォームのアウトプットの仕方

  1.  年金機構のホームページに入り「年金のことを調べる」→「社会保障協定」に進む。
  2. 「社会保障協定に関する各種申請書」
  3. 「年金請求等の申請書」→「ブラジル」
  4. 「ブラジルの年金請求者のための申請書 フォーム BR/JP-01」です。

上記フォームを埋める為に必須の(一番重要な)データ

  • NIT (労働者識別番号。ブラジルで年金保険料を納めていた時の労働手帳に記載のナンバー)
  • Identidade (身分証明書番号)
  • CPF (個人納税者番号)→お忘れの方

※これらが無ければ申請が出来ません。 但し、NITの代わりにCPF番号とCPFカードのコピーを付けることで申請が受理された人もいるので、とにかく最寄りの年金事務所で相談してみましょう。

 

その他参考事項

  1. 年金は、基本的には終身での受領が可能です。また本人が亡くなった後、遺族に遺族年金が支払われます。
  2. 65歳まで申請は出来ませんが65歳少し前に上記フォーマットの原稿を作成し最寄りの年金機構事務所に相談に行きましょう。事務所により対応がまちまちで要求される書類も異なる事があるのでまずは相談。相談はいつでもうけてくれるはずです。
  3. 年金の受取銀行は、年金受け取り時に手数料が殆どかからないブラジル銀行の日本支店がお勧めです。BR/JP-01フォームに受取口座を記載する必要があるのでまずブラジル銀行で口座を開設しておく必要が有ります。もちろん邦銀の口座を記載し年金の承認がおりてから変更する方法も有りますが、変更には3〜4ヶ月かかります。
  4. 協定締結時に既にお亡くなりになっている方も配偶者が遺族年金を申請出来ます。既に承認された例もあります。
  5. 2012年3月1日の協定後にブラジルに赴任された人はブラジルでの年金   加入の義務が免除されますから当然年金受給資格も生じません。

CPF番号を忘れてしまった方も年金受領は可能です

詳しくは、添付の在日ブラジル人弁護士のアリス・ヘルナンデス氏のTrader’s Creditor Protection Co., Ltdにコンタクトして下さい。
HPはこちら→http://www.tcp-icis.jp/ 【チラシはこちら