8月3日はブラジルは「カポエィリスタの日」です。この日を記念して、カポエイラ ヘジォナウの創始者メストレ ビンバのドキュメンタリー映画「カポエイラ イルミナーダ」を上映します。初の日本語字幕でご覧いただけます。(申し込みはこちら

PROJETO/企画

カポエイラドキュメンタリーフィルム上映会

Mestre Bimba –A capoeira iluminada ” 
「カポエイラ・イルミナーダ」〜メストレ・ビンバ 輝けるカポエイラ〜 

本作は、1900年代前半にブラジルで活躍したカポエイラマスターの一人、メストレ ビンバ(本名:マノエウ ドス ヘイス マシャード)を追ったドキュメンタリー作品です。元奴隷の息子として生まれ、文字の読み書きができなかったにもかかわらず、死後バイーア州立大学から名誉学位の称号を授与されたビンバとは一体どんな人物だったのでしょう。ビンバは当時まだ非合法だったカポエイラの指導方法を整え、「カポエイラ・ヘジォナウ」というスタイルを確立し、多くの人に門戸を開きました。時に自らリングに上がり、護身術としてのカポエイラの実用性を世の中に知らしめ、時のブラジル大統領の前でカポエィラを披露し、カポエイラの社会的地位向上をもたらしたことで有名です。
メストレ デカーニオをはじめ、メストレ・イタポァン、メストレ アコルデォン、メストレ カミーザら、ビンバの教えを受け、共に生きた人々の言葉で綴られたドキュメンタリー。彼が活躍した1930年代のブラジルの黒人運動、歴史背景を、カポエイラ研究者たちと共に紐解きながら、初の日本語字幕で、カポエイラ ヘジォナウに触れてみましょう。

詳細は、
https://capoeirailuminada0803.peatix.com/