講師 パネリスト
舛方周一郎(神田外語大学専任講師)
大岩玲(外務省中南米局南米課課長補佐)
竹下幸治郎(日本貿易振興機構海外調査部中南米主幹)
田村梨花(上智大学外国語学部教授・イベロアメリカ研究所所員)
子安昭子(上智大学外国語学部教授・イベロアメリカ研究所所員)コメンテーター
堀坂浩太郎(上智大学名誉教授・イベロアメリカ研究所名誉所員)

司会
マウロ・ネーヴェス(上智大学外国語学部教授・イベロアメリカ研究所所長)

日時 2018年11月22日(木)17:00~19:00
場所 上智大学中央図書館9階921会議室
使用言語 日本語
参加費/予約 参加費無料/予約不要
概要 政治家の汚職、経済の低迷、格差や貧困の拡大など様々な問題が山積するラテンアメリカでは、今年2018年、相次いで大統領選挙が実施され、政権交代の年となりました。講演会ではラテンアメリカ主要国の中で、10 月 7 日にブラジルで行われた大統領選挙を取り上げます。国営石油会社 ペトロブラスを舞台とするブラジル史上最大規模の汚職事件「ラヴァジャット」を発端とする政治経済の混乱の中で、ブラジル国民の下した判断とは何だったのか。新指導者のもとでブラジルはどういった道を歩んでいくのか。4年後の2022 年、ブラジルは独立 200 周年を迎えます。長くブラジル研究に携わってきた専門家たちが、それぞれの視点から今回の大統領選を振り返り、今後を展望します。
主催 上智大学イベロアメリカ研究所

<Sophia Open Research Weeks参加企画>

ポスター 181122