2019年10月28日ランチョンミーティングの講師を勤めていただく、サンバ演奏家・歌手 加々美淳 氏のコンサートが開催されます。

加々美さんは、もともとはピアノがご専門。米国ボストンのバークリー音楽大学、ロンドン王立音楽院を経て、ブラジル国立マルセロ音楽院でブラジル音楽をご研究。そこで運命的にサンバと出逢い、故アントニオ・カロス・ジョビンと会話をした際、「ボサノヴァは沢山あるサンバの中の一つ」という彼の言葉からサンバに傾倒。ブラジルを代表する歌手、故エリゼッチ・カルドーゾとの親交を深め、 ギタリスト、故オロンヂーノ・ジョゼ・ダ・シルヴァ、パーカッショニスト、ジョ ルジ・ジョゼ・ダ・シルヴァ兄弟を紹介され、二人に師事し、ブラジルでテレビ・ ラジオ等での演奏活動も行いました。

日本帰国後、ギター、ヴォーカル、パーカッションの演奏だけでなく作曲、編曲、プロデューサーとしてもご活躍。坂本龍一、小室哲哉、南佳孝、THE BoomなどのCD制作にも参加されてしています。2010年に自身初のソロアルバム「Jun」をリリース。2012年からは、一音楽家として有りたいとの思いから演奏活動を制限。サンバが美しかった時代のリオ・デ・ジャネイロの音を現代の日本人の感性で捉えることでサンバの中に存在する芸術性を高めることを追求し続けていらっしゃいます。

  • 日 時:2019年11月30日(土)19:00開演
  • 会 場:近江楽堂(東京オペラシティ3F)
  • チケット:前売4,000円 当日4,500円
    東京オペラシティチケットセンター
    TEL:03-5353-9999
  • 全席自由、100名限定