執筆者:岩尾 陽 氏
(日本ブラジル中央協会理事)

「レシーフェのイメージ」

 

ブラジル、ペルナンブコ州の州都であるレシーフェは、2014年にブラジルで開催されたサッカー・ワールドカップで、日本チームの初戦が開催された都市としてサッカーファンの日本人の間でも、その名は少し知られるところとなりました。

しかし残念ながら、まだまだサッカーの開催地以外の事はほとんど日本では知られていないと思います。ワールドカップ開催時の日本向け情報には、ブラジルで一番犯罪が多い街などと言われ、あまり肯定的な情報は無かったように思います。 それも一つの事実ではありますが、南米のベニスと呼ばれ、エメラルドグリーンの海に面した海岸線が何十キロも続く美しい街でもありますので、個人的には残念に思います。 しかし、実はペルナンブコ州レシーフェ市と日本は、スポーツ以外にも知られざる深い繋がりがあります。 その繋がりに、私も個人的に関わることが出来ていることを幸せ且つ誇りに思っています。 今回、私がオルケストラをサポートする事になった経緯や、バイオリンやバイオリン弓に就いて、日本ブラジル中央協会のホームページ向けに、数回のエッセイを書かせて頂ける事になりましたので、記憶を頼りながら思いつくままにお伝えしたいと思います。

 

「フェルナンブッコとバイオリンの弓」

 

ブラジルに関してそれなりに精通している方々も、ペルナンブコという名前を聞いて想起できるのは、ブラジル北東部の州名程度だと思います。 しかしながら、インターネットでペルナンブコあるいはフェルナンブコ(クラシック音楽界、バイオリン製作の世界ではむしろ、このフェルナンブコの方が有名です)と検索して頂くと、情報の大半が「バイオリン弓の材料として世界一」であるという事を伝えています。 そのバイオリン弓材であるブラジル木(PauBrasil)の紅色成分ブラジリンが貴重な高級染料として16世紀初頭から大量に伐採されヨーロッパに渡りました。その成分名がブラジルの国名の由来になったのは良く知られたお話です。勿論、当時はヨーロッパで生地などの染料に使われたのですが、18世紀になると、Pau Brasilの見た目の美しさに加えて、その強くてしなやか、かつ素晴らしい音響がバイオリンの弓材としても大変に適している事が判りました。そして、特にフランスの有名な弓職人たちがペルナンブコ産のPau Brasilを使った弓製作を開始し、Pau Brasilは一躍、良い弓の材料としてバイオリンの世界では有名になりました。

 

「物語の始まり」

 

ペルナンブコ州の州都レシーフェ市に住むジョアン・タルジーノ氏(Joao Targino)はペルナンブコ州の判事であり、私の親友でもあります。彼はボランティアとして、2006年から,レシーフェ市でも最悪の貧民街(ファベーラ)の子供達にクラシック音楽を通した教育、具体的には子供達にバイオリンなどの弦楽器を与え、弦楽オーケストラOrquestra Crianca Cidada(以下、オルケストラ)の活動を始めました。後で詳しく述べますが、オルケストラは2014年10月に現ローマ法皇から招待され、バチカンに於いて御前演奏を行いました。当時のオルケストラは、既にブラジル国内に於いては幾つかのTV番組への出演、ブラジリアの大統領府で時の大統領への献奏などの経験がありました。また、2012年9月には3大テノールの一人、ホセ・カレーラスがわざわざオルケストラ訪問のためにレシーフェに立ち寄った事などで、一部の人々の間で少しは知られる存在になっていました。そのオルケストラに楽器の修理などで関わっていたジョン・バチスタさんと言う人が居りました。 彼は惜しくも数年前に、83歳で他界されましたが、若い頃からバイオリンと弓の製作に打ち込んでいました。

 

「Pau Brasil の木」

 

まだオルケストラがローマ法皇に招待されるずっと前の事ですが、日本に居た私のもとにジョアンから連絡がありました。  「バチスタ氏が若い頃から、50年以上にも亘りコツコツと蓄えてきたバイオリンの弓材、ペルナンブコ材が26000本あるが、彼ももう高齢かつ前立腺癌も悪化して悪化おり、この先何年生きるかわからない。 もし彼が死んでしまったら、この貴重なペルナンブコ材が、価値の判らない人びとによって燃やされ、すべて灰になってしまうかもしれません。 何とか日本で購入者を捜してもらえないだろうか?」というお願いでした。 私はその話を聞き、実際、見事に整頓保存されているペルナンブコ弓材の写真を見て、これは世界の人類遺産に匹敵するほどの価値がある物と直感しました。 バチスタさんの話によると、50年前にはまだ、ペルナンブコに住む多くの人達は、Pau Brasilがバイオリン弓の材料として、そんなに貴重なものとは知らず、大半がパン屋の窯やピッツア窯あるいは工場のボイラーの薪として使われていたそうです。バチスタさんは長年に亘って、パン屋や工場に薪を配達するトラックの荷台に登り、バイオリンの弓に適当な材木片をコツコツと探し、トラック運転手から直接一本一本買い取ったものだそうです。