講 師:山田彰 駐ブラジル日本国大使
演 題:最新のブラジル情勢について (仮題)

ブラジルは、2月28日、初めて100%ブラジル国産の人工衛星「アマゾニア1号」の打ち上げに成功しました。この地球観察衛星は、地表から高度752kmの円軌道に乗り、アマゾン地域の森林破壊状況の最新画像データを発信し始めています。この新たな衛星監視データによってINPE(ブラジル国立宇宙研究所)による環境モニタリングの精緻化が期待されています。
一方、新型コロナ感染によるブラジルの累計死者数は、ついに25万人を突破し、50万人を超えた米国に次いで世界第2位となっています。ワクチン接種も全国レベルで始まっていますが、
アマゾン地域における変異種の感染拡大もあり、ブラジルにおけるコロナ禍はまだまだ深刻な状況にあります。
相変わらず、こうした悲喜こもごものニュースが行きかっていますが、経済に目を向けますと、昨年のマイナス成長(GDP▲4.5%)から、ゆっくりと回復基調にあることは確かであり、今年2021年の成長率予想は、最新中銀フォーカス(2月22日)によれば、+3.47%と見込まれております。
また、当協会主催で2月12日に行われた講演会で林・外務省中南米局長の講演会からも、詳しくご報告いただきましたが、外交面では、茂木外務大臣は中南米・アフリカ7か国歴訪の一環として、1月8日、ブラジルを訪問し、ボルソナーロ大統領並びにアラウージョ外相と会談しました。この会談の結果、昨年11月に立ち上げた「日米ブラジル協議」をふまえたうえで、「戦略的グローバル・パートナー」としての二国間協議を深めており、大きな外交成果となっています。

こうしたブラジルの最新情勢につき、山田彰大使より、ブラジリアからご講演頂く機会を設けましたので、奮ってご是非ご参加頂きたく、下記の通り、ご案内致します。

日  時 2021年4月16日(金)
10:30-12:00 
<日本時間>
開催方式 ZOOMウェビナー
お申し込み頂いた方には、講演会の前々日までにアクセス可能なURLを連絡します。
参加費 会 員:無 料
非会員:1,000円(ブラジルから参加の方は無料)
お申し込み 下記お申し込みフォームからお申し込みください。
お問い合わせ 日本ブラジル中央協会 事務局
メール(info@nipo-brasil.org

お申し込み

下記フォームよりお申し込み下さい。
お申し込み後、自動返信メールが届きますので、ご確認ください。
返信メールが届かない場合、メールアドレスの間違い、迷惑メールフォルダに振り分けられている等の原因が考えられます。
数日たっても返信がない場合、再度お申し込み頂くか、協会事務局までご連絡ください。

    会員区分 (必須)
    会員非会員非会員(ブラジルから参加の方)

     

    所属先 (必須)(勤務先,学校名等※所属先のない方は「無」と入力してください)

    電話番号(※半角英数字でご入力ください)

    講演者に対して、ご質問があればご記入ください