講 師: ブラジル派遣団の医学部学生3名 (横山祐磨、木村泰介、西垣颯一郎の各氏)
演 題:「ブラジル(マナウス、クイアバ、サンパウロ他)での医療支援活動について」(仮題)

 

1978年に創設された慶應大学医学部国際医学研究会は、同年より毎年夏季休暇期間に数名から成る南米派遣団を送り出し、現地の医療実態調査、医療過疎地や日系移住地における医療活動支援、熱帯病の調査研究などの活動を継続してきております。

今年の派遣団は第42次で、団員4名(団長は医学部教授、団員3名は医学部6年生)が、ブラジル(7月15日から8月17日まで)とチリ(8月18日から8月23日まで)を訪問し、マナウスではマナウス市保健局の診療船に同乗し先住インディオ集落での医療活動支援(麻疹予防接種に同行)、ドウラードスでは僻地医療の実態を体験、サンパウロでは第32回日伯医学生会議に参加、ポルトアレグレでは地元大学と交流、日系移住地への巡回診療に参加、など貴重な経験を重ねてきています。

今回この歴史ある派遣団の、ブラジルでの実体験を語っていただく機会を設定しました。

 

 

日 時 2019年10月18日(金)
15:00~16:30
会 場 米州開発銀行アジア事務所会議室

住 所:千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル16階
アクセス:都営地下鉄三田線「内幸町」駅 A6出口・・直結

JR山手線・京浜東北線・東海道本線「新橋」駅 日比谷口・・徒歩6分
東京メトロ千代田線・日比谷線「霞ヶ関」駅 C4出口・・徒歩3分
東京メトロ丸ノ内線「霞ヶ関」駅 B2出口・・徒歩5分

 参加費 無料
お申込み 下記フォームからお申し込みください
お問い合わせ 日本ブラジル中央協会 事務局 info@nipo-brasil.org

お申し込み

下記フォームよりお申し込み下さい。
お申し込み後、自動返信メールが届きますので、ご確認ください。
返信メールが届かない場合、メールアドレスの間違い、迷惑メールフォルダに振り分けられている等の原因が考えられます。
数日たっても返信がない場合、再度お申し込み頂くか、協会事務局までご連絡ください。

会員区分 (必須)
個人会員法人会員非会員

 

所属先(勤務先,部署名など)

電話番号(※半角英数字でご入力ください)

お申し込みに関するご質問があればご記入ください