演 題:「サンパウロ支局長が見て聞いたブラジル」
講 師:中川 千歳 氏

 

今回はブラジルから帰国したばかりの共同通信社外信部の中川千歳氏にご登壇いただきます。

テヘランやロサンジェルスなど海外経験も豊富な中川さんが共同通信サンパウロ支局長としてブラジルに赴任したのが、2020年8月でした。精力的な現地取材活動を行い、リオのファヴェーラでは機関銃装備の住民に出会い、アマゾンのトメアスーでは最長老で第一回移民の山田元さん(当時95歳)から初期移民生活の厳しさを詳細取材しています。一番印象的であったのが、2023年1月8日のブラジリア襲撃事件取材で、催涙ガス弾が飛び交う混乱の修羅場での取材はまさに稀有な体験でした。

今年1月中旬に帰国され、現在は外信部で多忙な中川さんですが、今回サンパウロ支局長として見聞きしたブラジル社会の実態についてフリーに語っていただく機会を設けることが出来ました。是非ご参加ください。

 

 

日 時 2024年2月20日(火)
12:00-14:00
場 所 シュハスカリア・キボン 新虎店
港区新橋4-1-1 新虎通りCore2F
google map
参加費 会員  3,500円
非会員 4,000円※お申込みいただき次第、振込先を連絡しますので、事前振込をお願いします。
講 師 中川 千歳 氏
共同通信前サンパウロ支局長
演 題 「サンパウロ支局長が見て聞いたブラジル」
主 催  日本ブラジル中央協会