講 師:  サンバ演奏家・歌手 加々美淳 氏
演 題: 「サンバの奥深さに惹かれて」(仮題)

今回のテーマは「サンバの奥深さに惹かれて」です。
サンバを愛する音楽家 加々美淳さんをお迎えします。
加々美さんは、もともとはピアノがご専門。米国ボストンのバークリー音楽大学、ロンドン王立音楽院を経て、ブラジル国立マルセロ音楽院でブラジル音楽をご研究。そこで運命的にサンバと出逢い、故アントニオ・カロス・ジョビンと会話をした際、「ボサノヴァは沢山あるサンバの中の一つ」という彼の言葉からサンバに傾倒。ブラジルを代表する歌手、故エリゼッチ・カルドーゾとの親交を深め、 ギタリスト、故オロンヂーノ・ジョゼ・ダ・シルヴァ、パーカッショニスト、ジョ ルジ・ジョゼ・ダ・シルヴァ兄弟を紹介され、二人に師事し、ブラジルでテレビ・ ラジオ等での演奏活動も行いました。
1985年、日本帰国後、ギター、ヴォーカル、パーカッションの演奏だけでなく作曲、編曲、プロデューサーとしてもご活躍。坂本龍一、小室哲哉、南佳孝、THE BoomなどのCD制作にも参加されてしています。2010年に自身初のソロアルバム「Jun」をリリース。2012年からは、一音楽家として有りたいとの思いから演奏活動を制限。サンバが美しかった時代のリオ・デ・ジャネイロの音を現代の日本人の感性で捉えることでサンバの中に存在する芸術性を高めることを追求し続けていらっしゃいます。その加々美さんに、歌と演奏と交えながらサンバの奥深さについて、熱く語っていただきます。

 

日 時 2019年10月28日(月)
12:00~14:00
会 場 シーボニア・メンズクラブ

千代田区内幸町2-1-4 日比谷中日ビル1F Googleマップ
<アクセス> 地下鉄「内幸町」駅下車2分、「霞ヶ関」駅下車2分

 参加費 会員 2,800円、 非会員 3,500円 
(当日、会場にて領収書と引き換えに、参加費を申し受けます)
お申込み 下記フォームからお申し込みください
お問い合わせ 日本ブラジル中央協会 事務局 info@nipo-brasil.org
その他
  • 尚、申し込み後、生憎ご欠席となる場合で、10月25日(金)の午前中までにご連絡を頂けない場合には、参加費のご負担をお願いせざるを得なくなりますのでご注意下さい。
  • 約1時間のご講演の後、加々美淳さんを囲んでのブッフェ方式(着席)でのランチとなります。

下記フォームよりお申し込み下さい。
お申し込み後、自動返信メールが届きますので、ご確認ください。
返信メールが届かない場合、メールアドレスの間違い、迷惑メールフォルダに振り分けられている等の原因が考えられます。
数日たっても返信がない場合、再度お申し込み頂くか、協会事務局までご連絡ください。

会員区分 (必須)
会員2,800円非会員3,500円

 

所属先(勤務先,部署名など)

電話番号

お申し込みに関するご質問があればご記入ください