ブラジル原産のサトウキビからつくられる蒸留酒カシャッサ。中でも、個人の酒造家が精魂をこめて作るクラフト・カシャッサは、国内外のBARで熱い注目を集めています。そんなクラフト・カシャッサの魅力を、このお酒が持つ文化や歴史的背景、そしておいしい料理と共に味わって頂く「カシャッサを楽しむ会」をチラデンチスの日の前日である4月20日(土)に開催いたします。

4月21日はブラジルの祝日「チラデンチス記念日」。18世紀末、宗主国ポルトガルの重税政策に抗う独立計画がミナスジェライス州で興り、計画の首謀者とされたチラデンチスが処刑されたのが1792年のこの日と言われています。

“ミナスの陰謀”と呼ばれるこの独立計画の際、乾杯に使われたのが国産酒カシャッサで、チラデンチスが最後に残したのも「私の喉をこの地のカシャッサで潤したまえ」という言葉だったと伝えられています。カシャッサと縁の深いこの記念日前日、古のブラジルに想いを馳せながらチラデンチスにカシャッサで杯を捧げませんか!?

今回のカシャッサカウンシル主催(日本ブラジル中央協会共催)の「カシャッサを楽しむ会」では、チラデンチスにちなんでミナスジェライス州のカシャッサ、ミナスと陸路でつながり金やダイヤの輸出港だったパラチが所在するリオデジャネイロ州のカシャッサ、そしてやはり独立の気運に大きく関わっていたペルナンブッコ州のカシャッサなど、ブラジル各地の銘酒を、シュラスコと一緒に楽しんでいただきます。

トークコーナーでは、「クラフト・カシャッサ最新事情と、リオとミナスのカシャッサの歴史」(麻生雅人/カシャッサ・カウンシル・ジャパン主任研究員)、「かつて世界最大のサトウキビ生産地だったペルナンブッコ州のカシャッサ~その歴史と革新」(岸和田仁/「ブラジル特報」編集人)のミニ講演を行います。また「アマゾンフルーツを使ったカイピリーニャ作りのワークショップ」もお楽しみいただきます。

 

開催要領は、下記の通りですので、奮ってご参加頂きたく、ご案内致します。

日 時 2019年4月20日(土)
12:00-14:30(11:30受付開始)
会 場 シュラスカリア Que Bom 
(新橋)新虎通り店
(会場を借り切ります)
港区新橋4-1-1 新虎通り CORE店
アクセスマップ
 参加費 男 性 4,800円 / 女 性 3,800円
カシャッサ、カイピリーニャ+シュラスコ(9種類のシュラスコ+サラダバー+コーヒー)
主 催 カシャッサカウンシル ジャパン
共 催 日本ブラジル中央協会
お申込み 下記フォームからお申し込みください
お問い合わせ 日本ブラジル中央協会 事務局 info@nipo-brasil.org

お申し込み

下記フォームよりお申し込み下さい。
お申し込み後、自動返信メールが届きますので、ご確認ください。
返信メールが届かない場合、メールアドレスの間違い、迷惑メールフォルダに振り分けられている等の原因が考えられます。
数日たっても返信がない場合、再度お申し込み頂くか、協会事務局までご連絡ください。

 

会員区分 (必須)
個人会員法人会員非会員

性別 (必須)
男性 ¥4,800女性 ¥3,800

 

所属先(勤務先,部署名など)

電話番号 (必須)

お申し込みに関するご質問があればご記入ください