講演者:林禎二 駐ブラジル日本国特命全権大使
演 題:ブラジル大統領選挙とルーラ次期政権の展望と政策(仮題)

お申込み期限となりましたので、締め切りました。

世界中のメディアが注目した10月30日(日)のブラジル大統領選挙・決選投票の結果、PT(労働者党)のルーラ元大統領が勝利しました。その差は、わずか1.8%という僅差でした。

この結果が意味するもの、ボルソナーロ政権が残した成果と負の遺産は何だったのか?ブラジル社会は分断されたのか?チリ、ペルー、コロンビア等に続く、左派ルーラ候補の当選は「ピンクの潮流」なのか?といった多くの論点が浮かびます。

最近のブラジル経済やビジネスに目を向けますと、10月にIMFは今年の経済成長見通しを2.8%に引き上げ、大統領選後の株価やレアル・ドル・レートは比較的小幅な動きにとどまりました。
他方、ルーラ次期政権の経済政策、特に財政支出の増大、労働政策などに注目が集まっています。OECD加盟、EUとのFTAがどうなるか等、こちらも興味は尽きません。
こうした動きの激しい昨今のブラジル政治経済情勢につき、林禎二駐ブラジル大使に、ブラジリアから、現地の最新エピソードも交えて、ご講演いただく絶好の機会を設けることが出来ました。
是非奮ってご参加ください。

講演者 林禎二 駐ブラジル日本国特命全権大使
演 題 ブラジル大統領選挙とルーラ次期政権の展望と政策(仮題)
日 時 2022年12月9日(金)
10:00-11:30
(日本時間)
主 催 日本ブラジル中央協会、ラテンアメリカ協会
参加費 会員無料(在ブラジル関係会社も含む)
学生無料
非会員 1,000円
開催方式 Zoom Webinarによるオンライン講演会