~ワインから知る、イタリア移民がブラジルに伝えた味〜

 

我々日本人をはじめ、様々な国からの移民を受け入れてきたブラジルには、イタリア移民も数多く渡り、 ブラジルの様々な文化に多大な影響を与えています。近年、国際マーケットでも高く評価されつつあるブラジルワインもまた、イタリア移民がブラジルに伝え、育んだ重要な食文化です。
このイベントは、数種類のブラジルワインを料理と共に楽しみながら、ワインを通して、ブラジルにおけるイタリア移民の歴史や、イタリア移民がブラジルに与えている影響について知見を深めよう、という企画で、今回は、日本でも数々のコンクールで多くのメダルを獲得しているサルトン社のワインを、同ワイナリーを経営するサルトン家の故郷であるイタリア北部ヴェネト州産のチーズと一緒に楽しみながら、イタリア料理とブラジル料理の関係を探ります。

本イベントでは、ブラジルにおけるイタリア移民の歴史や食文化への影響を「おいしいブラジル」著者の麻生雅人(司会進行兼)、サルトンワインの魅力をドリンク・オブ・ブラジルの吉本眞理代表が解説します。

イタリア料理とチーズのペアリングのほかに、合計4種類のサルトンワインを楽しんでいただきます。
「日本で飲もう最高のワイン」(2018年、2019年)、「サクラアワード」(2017年、2018年、2019年)などで数々の賞を受賞しているサルトンワインを是非ご堪能下さい。

開催要領は、以下の通りですので、奮ってご参加頂きたく、ご案内します。

日 時 2019年10月5日(土)
13:00~15:00(受付開始は12:30頃)
会 場 ビストロ イル・ド・レ

住 所:東京都渋谷区渋谷2-15-1渋谷クロスタワー 1F
TEL: 050-5589-7956


※クリックすると拡大されます。

 参加費 男性5,500円、 女性 5,000円 
お申込み 下記フォームからお申し込みください
ワイン、及び料理等 <Vinho Salton × Formaggio Asiago DOP>
ヴェネト州からの移民サルトン家が作るサルトンワイン2種と、ヴェネト州産チーズ
「アジアーゴ」2種とのペアリング。

<Bife à parmegiana × Melanzane alla parmigiana>
ブラジルを代表するソウルフードのひとつ「ビッフィ・ア・パルメジアーナ(牛カツにトマトソース、チーズを和えてオーブンで焼いた料理)」と、この料理の元となったと考えられるイタリア南部発祥の「メランザーネ・アッラ・パルミジャーナ(揚げナスにトマトソース、チーズを和えてオーブンで焼いた料理)」の食べ比べ。

お問い合わせ 日本ブラジル中央協会 事務局 info@nipo-brasil.org
その他
  • 申し込み後、生憎ご欠席となる場合で、前日の10月4日の午前中までにご連絡を頂けない場合には、参加費のご負担をお願いせざるを得なくなりますのでご注意下さい。

 

お申し込み

下記フォームよりお申し込み下さい。
お申し込み後、自動返信メールが届きますので、ご確認ください。
返信メールが届かない場合、メールアドレスの間違い、迷惑メールフォルダに振り分けられている等の原因が考えられます。
数日たっても返信がない場合、再度お申し込み頂くか、協会事務局までご連絡ください。

性別 (必須)
男 性¥5,500円女 性¥5,000円

会員区分 (必須)
個人会員法人会員学生会員非会員

 

所属先(勤務先,部署名など)

電話番号 (必須)

お申し込みに関するご質問があればご記入ください